施設予約システムは「TLS1.2」に対応している機種・閲覧ソフトで御利用ください。

2018年6月18日(月曜日)から、セキュリティ強化のため、暗号化通信プロトコル「TLS1.0」の無効化を実施します。

御利用環境を確認いただき、お早めに「TLS1.2」への変更をお願いいたします。

 

「TLS1.0」の無効化に伴い、以下の機器での御利用に影響があります。

 

1 携帯電話
 フィーチャーフォン(いわゆるガラケー)はTLS1.1以上をサポートしていないため、システムを御利用いただけなくなります。対応しているスマートフォン(Android 5以降又はiOS5以降)又はパソコンから御利用くださるようお願いいたします。

 

2 スマートフォン
 一部のスマートフォン(Android4.4以前又はiOS4以前)はTLS1.1以上をサポートしていないため、システムを御利用いただけなくなります。対応しているスマートフォン(Android 5以降又はiOS5以降)又はパソコンから御利用くださるようお願いいたします。

 

3 パソコン
 パソコンで御利用の場合は、Webブラウザ(Internet Explorer等)にて、TLS1.1又はTLS1.2を有効に設定してあることが必要です。
ブラウザの設定によりTLS1.0のみ通信を有効にしている場合、パソコンからシステムを利用できなくなります。(「SSL/TLS通信が無効です」「接続が中断されました」等のメッセージが表示されて、アクセスできません。)
 参考:Internet ExplorerでのTLS1.1およびTLS1.2の有効化方法について

 

※「暗号化通信プロトコル」とは、サーバと端末(ブラウザ)間の通信を暗号化するための通信手順のことです。「TLS1.0」は、すでにいくつかの脆弱性(通信傍受や暗号解読の可能性)が見つかっているため、暗号化通信プロトコルとして推奨されていません。最新の「TLS1.2」が推奨されています。
 

※携帯電話各機種の「TLS1.1」以上の対応状況については、各携帯電話事業者の情報を御参照ください。